コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

パッキングにおける7つのtips

backpaker.comに掲載された記事を自分用に意訳、ログ。

(意訳してみたら3つめ以外は、ごくごく当然だったりあまり試してみようと思えなかったり、あまりいい内容じゃなかった。特にテントのポールやマット類を外付けすること、ドライフードに穴を開けることとかは日本ではあまり推奨されてない、あるいは推奨できなさそうかなぁとも思う。)

 

www.backpacker.com

 

1.1つずつパッキングしない。持っていく予定のものを並べて、計画的にパッキングする。

 

2. 大きなものを最初に。重心が低く、中央にくるように。燃料類は漏れたときのことも考え、出来るだけ下に入れる。

 

3. 持って行こうとしている衣類を見てみる、そしてそのうち半分は削ってしまう。そうじゃないと、アウトドアを体験しにいくとはいえない(←だいぶ意訳。間違っているかも)。通気性と保温性を兼ね備えたベースレイヤーを持っていく、畳まずに丸めて(あるいはコンプレッションサックを使う)。

 

4. 寝袋など、クッション性のある道具はコンプレッションサックを使う。土砂降りになりそうな場合はウォータープルーフのものを使う。

 

5. ドライフードの袋は、穴を空けて圧縮して、その穴はテープで塞ぐ。ファーストエイドキットは非常時に備えて、天蓋部に入れておく。

 

6. ザックにカラビナなどで外付けするようなものは左右のバランスを考えて付けること。テントのポールやスリーピングマットのような形状のものはザックのループやストラップを使って外付けする。

 

7. レインウェアや防寒着はフロントジッパーやサイドポケットに入れておく。

 

1、2、4、7はフジロックのときとか登山のときにちゃんとしているかな。3は登山のときはもう少し詰めていきたい。5は季節とか予定次第では・・・。6はあまり推奨されてないし、個人的も外付けは出来れば避けたい。