読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

サマソニ2016 大阪 初日の惨事の件

2016.08.26 タイトルを変更しました。

(検索時にいつのことか明確にするため。)

変更前:サマソニ大阪 昨日の惨事の件

変更後:サマソニ2016 大阪 初日の惨事の件

 

 

昨日、終演後、シャトルバスで駅に向かう予定だった多くの人が終電に間に合わなかったそう。

 

去年までJRと地下鉄それぞれに出ていたシャトルバスをコスモスクエア駅一本に絞って、それにより利便性が向上すると予めアナウンスがあった中での出来事。巻き込まれた方が体調不良だったり、今日の参加に支障をきたさないことを祈るばかり。

 

ただ一方で、自分のように22時20分あたりの列とバスの状態を見て、桜島駅までの徒歩を選んだ人もかなり少数ではあるもののいた。

 

・シャトルバスのチケットをお金を出して購入している

・上記のように予め「便利になった」とアナウンス

 

と、運営元が批判されるのは仕方ないかなと思いつつも、最終的に必要なのはあの孤島(色んな意味で)からちゃんと帰宅することであって、最大のリスクは、帰れなくなることというのを念頭に置くことが大切なのかなぁと。

 

終電の時間と列の進行具合、バスの数、桜島駅まで歩く(だいたいシャトルバス乗降場から45〜60分)時間を逆算してリスクヘッジする。

 

ある意味、日本の「おもてなし」文化ではなくてワールドスタンダード(?)なフェスとして捉えて、「信頼はするけど信用はしない」くらいの感覚でいるのが、サマソニ大阪との正しい付き合い方かなと、10年以上参加していて個人的には悟ったつもりでいたり。

 

何はともあれ、昨日の今日で完全に解決するかは未定で、しいて言えば、アンダーワールドとベビメタの間に時間差があるので、そこでバッファーを取れる可能性はありつつも、明日は平日なので、最大限楽しみつつも防御策も取って望むのがいいのかなぁと。

 

フジロック以上に我が身は自分で守ることが要求されるイベントだなぁと思ったのと、数千人規模で帰れない人が出たとツイッターなどで見て、ふと「運営の責任はあるにしても、ちょっと信用しすぎじゃないのか、災害や有事のときに取り返しが付かなくなる前にリスクヘッジできるのか」と不安になったので。

 

とはいえ、今年のステージの配置やオアシスの行列やこの件、「大阪で何か変更があったときには問題が起こる」のは(個人的には)恒例なものの、ちょっとキツかった。来年には活かしてほしいなぁと。ステージの配置は仕方ないにしても。とはいえ(2回目)、「サマソニ、大阪で開催していただけるだけでありがたいです。開催してもらえるだけで幸せです。」と超穏健派に移行した身としては、「もう大阪無理。東京オンリーで」と言われるのが怖かったり。

 

それにしても今日はやっぱりBullet For My Valentineは諦めた方がいいんやろなぁ。