読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

週初め

log

通勤電車の中で、フジロックに出演が決まった
リオン・ブリッジズ『カミング・ホーム』を聴く。

レトロ・ソウル(フジのアーティストページより)な音は思いの外、朝に合う。もちろん夜に聴くのも、現に今も聴きながら書いている、ぴったり。
(そういえば、今日のグラミー「最優秀R&Bアルバム」にノミネートされているそう。)

柴田元幸さん責任編集の文芸誌、Monkey Vol.8を購入。

f:id:hanikasu:20160215230235j:plain
序文(猿のあいさつ)、スティーブ・エリクソンの『ソニック・スカイ』、死ぬまでにいきたい海、などをまず読む。あとは序文で柴田さんが書かれてるように、次号が出るまでの四ヶ月、じっくりと読んでいきたい。

軽く目を通した「海外作家が日本の読者に紹介したい自国の本」の中に読みたいと思っていた『白鯨』、『ハックルベリー・フィンの冒険』が。

また柴田さん自身が挙げられた本もとても気になった。

今読んでいる4冊ほどの本を読み終えたら、順番に読んでいきたい。

このMonkey、Vol.6から購入し始めた。それまで文芸誌は購入したことがなかった。それに海外作家の小説もそれほど熱心に読んでなかった。新潮文庫や光文社古典新訳文庫で名作の新訳版が出ていることを知って、海外作家の作品も読み始めようとした時にタイミングよくこの雑誌のことを知った。物語を読む幸せを拡張してくれる嬉しい雑誌。バックナンバーも少しずつ揃えていきたい。

キミ・ワーナーさんの新しいビデオをYouTubeで見る。
ロビンソン・クルーソー島への訪問を11分の中にまとめた映像は見どころがぐっと凝縮されていた。

津波にあった地元の人たちがフリーダイビングのコンテストに望んでそれぞれの記録に挑戦し、更新したという部分が印象に残った。


The Story of an Island: Robinson Crusoe with Kimi Werner:パタゴニア

広告を非表示にする