読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

最近のRobert Plant セットリスト サマソニに向けて確認

Led Zeppelinのリマスターが届いたところで、
Setlist.fmから最近のロバート・プラントのセットリストを
確認してみた。
Led Zeppelin ⅠのDeluxe版についてたライブ盤は
 ドラムを中心に少しボトムが弱い感じ。)

6月のヨーロッパのライブが中心。
メインで演奏してるのは、ざっとこんな感じ↓

1.ソロ名義の曲(カヴァー含む)
・Tin Pan Valley
・The Enhancer
・Rainbow
・Little Magic
・Satan Your Kingdom Must Come Down


Tin〜とThe EnhancerはRobert Plant & The Strange Sensation名義の
Mighty Rearrangerに収録されている曲。前者は後半の盛り上がりが
いい感じで、トライバルなアレンジがされたツェッペリンの曲より
ツェッペリンっぽいハードさがある曲。序盤のハイライトになりそう。
Rainbow、Little Magicは9月に発売の新譜に収録予定の曲、Rainbowは
ドラムというより太鼓といった方が合いそうなバックトラックが印象的。
Satan〜はBand of Joyに収録されたカヴァー曲、Going to Californiaや
When the Levee Breaksに通じる感じ。


2.ツェッペリンの曲(カヴァー含む)
・Babe, I'm Gonna Leave You
・Black Dog
・Going to California
・What Is and What Should Never Be
・Whole Lotta Love
・Rock and Roll
・When the Levee Breaks

最後のWhen〜は滅多に演奏されていないので、サマソニ出演時の
アナウンスにあった「ツェッペリンの曲を6曲以上」というのはほぼ
このあたりからじゃないかと。(少し前まで戻るとBron-Yr-Aurも、
というかインスト・・・。)
*あと大体の曲が「Trival ver.」と書けそうなくらい民族的な
 感じにアレンジされてる。

3.ライブで定番になってるカヴァー曲
 (オリジナルに収録されているのを見落としてる可能性アリ)
・Spoonful
・Fixin' to Die

Spoonfulの去年のライブ映像、


Robert Plant and the Sensational Space Shifters ...

多分、サマソニ的には「天国への階段」を始め、ツェッペリン
曲はもう少しメジャーなものが望まれるんやろうけど、そのあたりは
ここしばらくのロバート・プラントの志向してるところを汲み取って、
いつになるのか、あるいは無いかもしれないツェッペリンの再結成時の
楽しみにとっておくと。

Mighty Rearrangerからもう少しあってほしいと個人的に思いつつも、
トータルで見て、ツェッペリンも最近のソロ活動も今後の新譜も、
満遍なく散りばめられてて、おそらく全体的にトライバルな方向で
まとめ上げたセットになりそう。
(だからこそMighty Rearranger収録のFreedom Friesとか
とても合うんじゃないかと思ったり)


Jimmy Pageとか周辺とかにあれやこれや言われたり、
巨額の再結成オファーを断ったり、多分ツェッペリン
ファンからも色々言われたりする中で、自分の追求したい音楽を
作って表現してる稀代のヴォーカリストのパフォーマンスを
体験できる場として、また同時にそういった理屈を抜きにして、
純粋に楽器や歌の良さを感じれる編成から音楽の素晴らしさを
感じる場として、ロバート・プラントの出演を楽しみにしたいなぁと
セットリストを見て改めて思った。
(自分が若い頃に作ったものを振り返ることを要求されるのって、
相当キツい時もあるやろうし、しかもその要求が世界中からとなると
想像を絶する状況になると思うけど、それに潰されずにいるところにも
凄みを感じたりしてる。)