読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

【追記】NINE INCH NAILSがライブ映像を発表(2014春発売)

music

ナイン・インチ・ネイルズNine Inch Nails)が先月11月8日に
ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行なわれたTENSION2013ツアーの
ライブ作品を2014年の春にBlu-ray、DVD、デジタル版の形態で発売することを
発表。

 



それに先立ち77分の映像も発表。

VEVO Presents: Nine Inch Nails Tension 2013 ...

 
オープニングからフジロックの時と違う構成に。
全編は確認していないけど、他にもどのような演出に
なっているのか楽しみ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追記】
映像を見終わったので追記。
公開された映像は当日のフルセットではない。
1,000,000、Terrible Lie、The Frail、The Wretched、

Survivalism、Somewhat Damaged、Wish等が省かれていた。
(DVDでは収録されるのかな・・・。)

ベースにHesitation Marksのcopy of a、all time low、
various methods of escape、while i'm still hereにも参加している
Pino Palladino(John Mayer Trio、The Whoのサポート等)と
女性コーラスとしてローリング・ストーンズやスティング等の
バックコーラスを勤めたLisa Fischerとホイットニー・ヒューストン
セリーヌ・ディオン、マライヤ・キャリーのバックコーラスを勤めた
Sharlotte Gibsonを加えた8人体制。

新曲群を中心にこのコーラスが加わったおかげで、深みと盛り上がりが
より一層出た感じ。

Pino Palladinoの静かな佇まいでどの曲も弾きこなす様子も
かっこ良くて、かつPinoの参加によってフジではベースも担当してた
Josh Eustis が自由度を増してるような気がした。

このライブを含めて、Hesitation Marksが完成するような気がした。
フジも感動したけど、プロダクションを含めて一回りも二回りも
スゴイことになっていた。

本当にお金を出して手に入れたい作品になりそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この発表に先立って昨日公開された、ツアーの
ビハインド・ザ・シーンの映像はこちら。
(この映像自体が格好いい・・・)

Nine Inch Nails 2013, Pt. 2 (VEVO Tour Exposed ...