コト オト ログ

音楽のこととか、それ以外とか。自分へのログ的な感じで。

ギターを弾けること/弾けないこと

f:id:hanikasu:20130407111134j:plain

高校の音楽で挫折して以来、聴くだけにしてたギター(とベース)を

弾くことについて、少し考えて見たのでメモ。 

 

「弾けない」とは?

コードが鳴らせなかったり、音がにごるのは

「弾けない」ではなく「鳴らせない」ということで別の

話として置いてみると

 

 弾けない=コードとコード、音と音の行き来が出来ない

 

ことかなぁと。「音の行き来」をもう少し砕くと

 

 音の行き来が出来ない→次の音への移動がうまくいかない

 

 こと。

 

翻って、既存の曲を弾けるの「弾ける」は次の

段階を経ること。

 

 1.示された音を押さえる

 2.いま押さえているところから次の音へ移動する

 3.次の音を押さえる

 4.上のステップを示された長さで実施する

 5.長さに加えて、テンポ、リズム、

    チョーキングなどを合わせる

 

つまづく、弾けない原因の多くは2と3。

 

こうやったらいいのではないかと思った練習方法

上記を踏まえて、考えてた。

 

 1.一つのフレーズを取り出す。

 2.最初の音を単独で押さえる、確実に。

 3.次の音を単独で押さえる、確実に。

 4. 2,3をイメージするより10倍くらいゆっくりつなげてみる。

  例)C→Dのコードを移動するのに、Cを押さえてから5秒掛けて

             Dに移動する。

 5.音の移動の練習を30回か或いは戸惑い無く出来るまで続ける。

 6.次の音と次の次の音についても2〜5を繰り返す。

 7.一つのフレーズ内の全部の音について2〜6を繰り返す。

 8.そのフレーズ全体を原曲の10〜20倍遅く弾く。

 9.少しずつ、本当に少しずつペースを上げる。原音のペースまで

  5段階くらいに分けてあげていく。

 

 

 

飽きない方法

出る音を楽しむ。アンプ、ギターから出てくる音に浸ることかなぁと。

弾けているイメージ、元の音楽自体の気持良さからは

心持ち離れてみる。完成形だったり原曲のことを考えると「出来ない」

ことを意識する可能性がある。弾けることより鳴らすこと自体を

楽しむと、続けられる気がする。

 

ということで

少しずつ楽しみながら練習してみます。

 

あとは出音自体を楽しみながらも、頭は使っていきたい。

 

参考にしようと思うページ

1.「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは?

  http://www.lifehacker.jp/2012/09/120925betterpractice.html

2.今度こそギターが弾けるようになりたいあなたへ!

  http://www.lifehacker.jp/2011/01/110126guitarlesson.html